セキスイハイムで建てる書斎のある鉄骨造の注文住宅

セキスイハイム・新築・注文住宅・スマートパワーステーションスタイル・太陽光8.91Kw・快適エアリー

【スポンサーリンク】

オール電化住宅は得なのか!?平成29年7月の電気代

電気代の金額と売電金額の通知が来ました☆梅雨の影響で雨が多かったのが少し影響していますね(๑•̀ㅂ•́)و✧梅雨も明けたしこれから沢山発電してくれることを祈っています☆

 

◆7月の電気使用量と購入電力量◆

電力使用量の請求金額:6,439円
購入電力量:34,980円

差し引きで収支:+28,541円

【以前の住まいの総光熱費=¥12,777円】

 

7月に入ってからというもの流石にエアコン無しでは生活して行けないため夜は主寝室のエアコンを毎日使用しています☆ですが前月に比べても¥1000円ぐらいの違いしかないので…これはガンガン使って行ってもいいのかな?(笑)

 

光熱費は毎月3~4万円ほどの黒字…前の住まいで住んでいるよりも遥かに効率が良いのに驚きです☆悪いことは言いません☆オール電化の家を買いましょう(笑)自分としては太陽光は10Kw未満の最低で5Kwは欲しい所です☆(個人的に☆)

 

なぜかというと太陽光が10Kw以上だと売電が20年となりますが固定資産税の対象になってしまいます☆ちなみに「屋根一体型」の場合で☆売電の収入は雑所得とされ20万円未満/年間の場合は所得の申告の必要がないので固定資産税も発生しません20万円以上を超える収入になる場合は申告の必要が出てきます(゚д゚)なんかめんどくさいですね(。_。)

 

それ以外にも出力制限のルールもあったり売電する為のメンテナンスやパワコンの交換費用なども長年使うためには発生してくると思うので今後、維持していく為の費用がどれぐらいになるのか分からないという不安が出てきます(; ̄Д ̄)

 

我が家の太陽光の設置容量は8.91Kw購入単価33円となっており電気会社は中国電力で種別は「電化Styleコース」です。そして太陽光の設置費用はだいたい300万円ぐらい。設置容量が10Kw以上の場合は売電期間が20年間ですが我が家はそれ以下なので売電期間は10年間となっております。

 

2016年は2階建ての畳の部屋とフローリングの部屋が1部屋ずつある2LDKの間取りの一軒家を借りて住んでいました。もちろん断熱性なんてものは無いに等しいですし夏は暑く冬は寒い…外の環境に影響されまくりでした(; ̄Д ̄)賃貸住宅とはいえ同じ一軒家なので今の家との比較をしていけたらと思って始めました☆当時は電気代、水道代、ガス代が発生してました☆

【スポンサーリンク】  

新築で建てたセキスイハイムのお家はオール電化注文住宅なのでガスは使いません☆なので光熱費は電気代、水道代のみとなります( ⓛ ω ⓛ )そしてこちらが前に住んでいた家での光熱費になります☆

f:id:fourleavedclover:20170618133319j:plain

電気代は前の住まいの方が安く見えますがガスの部分が電気で賄えてるので圧倒的にオール電化の方が光熱費を抑えられるという事が分かります☆

 

そして現在のオール電化での成績☆

f:id:fourleavedclover:20170728214030j:plain

[得した額]は前の住まいの光熱費+新しい家での収支を足しています☆太陽光発電を利用することによってどれだけ得しているのか分かるようにしておこうと思って☆6月までだけで「¥316,261円」得しています☆月平均で3万円ほどですね☆

 

収支も今のところ毎月ずっとゼロエネルギーで来れています☆この調子で行けば来月も同じぐらいの収支でいけそうなので期待しています☆

【スポンサーリンク】  

電気代ですが契約会社や電気料金の時間帯区分によって電気料金が変わることを皆さんは御存知でしょうか!?もちろんご存知の方がほとんどでしょうけど知らずに使われている方も居られると思います。それを知っているだけで取組が変わって来ますので参考に(ૢ˃ꌂ˂⁎) ウシシ

 

デイタイム:平日の9時から21時の12時間

・このデイタイムが基本的な電気料金になります。

ナイトタイム:平日0時~9時、平日21時~24時

・この時間帯はデイタイムの半額になります。

ホリデータイム:土・日・祝日など時間区分無し

・この時間帯もデイタイムの半額になります。

 

電気の使い方も…

のように工夫しております☆そう言いつつ他のご家庭とあまり変わらない電気消費量だったらどうしよう( ⓛ ω ⓛ; )とか思いつつ…ま、まぁ…最終的には…

 

気持ちの問題っ☆(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へにほんブログ村 子育てブログへ

【スポンサーリンク】