セキスイハイムで建てる鉄骨造の注文住宅

2014年生セキスイハイム・新築・注文住宅・スマートパワーステーションスタイル・太陽光8.91Kw・快適エアリー

MENU

HEMSから分かる賢い!?電気の使い方

今日は賢い電気の使い方のご紹介です。まぁ賢いといっても自分で見て思っているだけでデータとかも特にないので賢いとか良くわかんないんですけどね(ぉぃぉぃ(笑))

 

我が家では建築前に無くそうと思ってて最終的に採用した物があります。それがHEMSです。最終的に採用して正解だと思いました☆電気なんて使う時は使いますし気にしないと思ってましたから。費用的には15万円のアップとなります。

 

HEMSは家中の電力を一元管理し「見える化」できるシステムなんですが…素人の自分には少し難しいので自分は太陽光のモニターを見てその瞬間の消費電力の調整をしています。

【スポンサーリンク】  

このHEMS(ヘムス)の正式名称ですが…Home Energy Management System
(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)という長ったらしい名前が付いてます。最大の役割は、家庭で使われている電力を「見える化」することで、これまですぐ確認することができなかった自宅の消費電力量を視認する事ができるようになります。

 

売電方式ですが余剰電力買取と全量買取の2種類があります。全量買取は総出力10Kw以上のみとなっており我が家は余剰電力買取の方のみになりますが一般家庭なら間違いなく余剰電力買取の方がいいと思いますね。

 

これがそのモニターに画面になります☆

f:id:fourleavedclover:20170202233934j:plain

上の写真で説明すると6.7Kw発電してる中で使用している電力が0.3Kwであり売電してるのが6.4Kwでこの部分が余剰電力買取となります。日中何も作動させていない状態だとこれぐらいの電力消費となります。

 

当然のことながら売電の金額よりも使用電力の方が料金は高いです。売る金額は安いのに高い金額の電力を消費するのは勿体無いですよね。要は消費電力が発電力量を超えない範囲で使用電力を使って行く事ができれば電気代を少なくすることができます。


日中は何も作動させていない状態で消費電力量は0.3ぐらいになると先ほども説明しました。冷蔵庫とかは常に稼動しており省きます。その状態で快適エアリーを作動させると1Kwほど消費量が増えます…これで総消費量1.3Kw。

 

それと同時にIHを作動させると出力の強さにもよりますが1口作動させて1Kw消費量が上がり2口で更に1Kwあがり2口作動させたとして3.3Kw…これに追加で電子レンジを作動させたとします。


電子レンジも大体消費量が1Kw上がることになり4.3Kw。

 

太陽光モニターの画面で説明するとHEMSでは発電が6.7Kwなのでこの時点で売電が2.4Kwとなってるはずで…まだ電力は発電のみで賄えており購入電気は一切消費されてません。

 

ですがここに浴室乾燥機を作動させたとします意外と浴室乾燥機って電力を食うんです
消費電力量は大体3Kwぐらいになります。ここまでくると消費量は7.3Kwとなり発電量を超えてしまい0.6Kwが購入電気量としてかかってしまう事になります。

 

何が言いたいかというと…ここで何か一つでも作動させている物を止めれば消費電力が発電量を超えることがなくなり購入電力が増えることが無くなるということに繋がります。その時でどれだけ電力消費しているのか知る事ができればIHを使っている間など一時的にでも快適エアリーを止めるとか浴室乾燥機を作動させるのは後に回すとか。

【スポンサーリンク】  

そうやってなるべく消費電力が発電量を超えないように調整する事ができるようになります。購入消費電力が抑えられる=電気代を抑えるって事なんです~まぁその分、使うので売電額は落ちますがね(ノ≧ڡ≦)

 

太陽光発電って元は取れるの!?

でも説明させて貰っていますが電気は使う時間によっても料金が変わってきますのでその辺りも意識して使っていくとまた消費電力量も変わってくると思います(๑•̀ㅂ•́)و✧


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へにほんブログ村 子育てブログへ

【スポンサーリンク】