セキスイハイムで建てる書斎のある鉄骨造の注文住宅

セキスイハイム・新築・注文住宅・スマートパワーステーションスタイル・太陽光8.91Kw・快適エアリー

【スポンサーリンク】

テレビを買うなら「4K&8K?」それとも「有機EL?」

今日は住まいの家電についてお話したいと思っています。新しい家に住むにあたって必要になる家電や家具の予定を立てて行かないと殺風景な家になってしまいますからね。でも家のローンも始まるので家具や電子機器などにあまりお金を掛けたくありません。引越しもなるべく¥0で済むように家族の力も借りました。

【スポンサーリンク】
 

今後必須になるであろうアイテムは「大型テレビ」「テレビボード」「掃除機」「ダイニングテーブル&椅子」「リビングのソファー」ってとこですかね。買う物が結構多いですね~これってトータルでいったい幾らぐらいになるのだろう。嫌な予感しかしません。

 

それでも最低限必要なものですからね~諦めずになるべく安く…それでいて飽きが来ない部屋の雰囲気にあった家具探しをしました。ホームセンターや家具屋さんなど色々と回りました。拘りさえなければ意外とすぐに見つかるもんですね。

 

ですがここで問題が発生しました。今まで凄く小さなテレビを使っていたので思い切って液晶の大きなテレビを買う予定でした。最近の主流は「4K」「8K」といったスーパーハイビジョンのテレビですがこれからの時代は有機ELが主流になってきそうな予感がしています。

【スポンサーリンク】
 

従来の液晶テレビは映像をディスプレイに映し出すために「バックライト」を用います。テレビ電源を入れて、ディスプレイの後ろから照射された光はカラーフィルターを含む様々なフィルターを介し画面を照らすことで映像を映し出します。バックライトからの光漏れを完全に遮断できない液晶に比べ、かつて画面上で観たことのない吸い込まれる引き締まった「漆黒」を堪能できます。

 

まぁ簡単に言えば液晶は鮮明とはいえ暗い部分はぼんやりとしてるけど有機ELはハッキリとした黒い部分を表現できますよ~って所かな…あ~ひと昔前にプラズマテレビとかありましたねぇ。そして有機ELの一番の特徴と言えば画面の「薄さ」なんです。今のテレビは昔に比べて大分薄くはなりましたが厚さがまだあります。

 

ですが有機ELは凄く薄いです。1cmもないんです。まぁ半分から上の面積だけで今の技術ではまだ全面を薄くすることはできないようですが色映りは他の物と比べて段違いです。その瞬間「欲しい。これ絶対欲しい」って思いましたが…「まぁとりあえずまずは値段を見てみよう」と思ってみてみたところ…絶句。

 

いやいやいやいや、高い!!高すぎる!!テレビ自体の値段が桁違いに高い!!(高い連呼)型落ちしているものであっても安くて20万以上はします。最新型となるともう…「言わずもがな」って言葉がしっくり来ます。


もう少し落ち着いたら買おうかな…というわけで買い換える方向は断念し、今使っている26型液晶テレビで我慢するってことで延期が決定しました。最近のテレビは時間を指定することでその時間帯を丸々録画したりといった便利な機能がついた物も出てきてて興味はあったのですがね~有機ELのテレビに丸ごと持って行かれました。

 

「掃除機」と「ダイニングテーブル&椅子」は特に拘りが無いしテレビを買わない方向になので「掃除機」はコードレスタイプにして2、3万の範囲で。「ダイニングテーブル&椅子はホームセンターで購入と言う方向で御安く行こうかと思っています。何よりも使いやすさ重視ですね。

液晶テレビ…なめてました。

【スポンサーリンク】